2009年10月25日

親の思い、子の思い

先日、私にとっては非常にさびしい出来事がありました。

子供の遠足です。
お弁当を空にして帰ってきた娘が最初に「楽しかった。
お弁当もおいしかったよ、ありがとう」と言ってくれた
事が嬉しくて、その後、どんなところを見たのか、どん
な事が楽しかったのかを聴いていた。

楽しいんだなと伝わってきたから、喜んでいた。

けれども、友達の話が出てこない。
気にはなったけれど、きっとお弁当を食べてもらえた
事が嬉しかったんだろうな。

その後、夫も帰ってきて娘に聴いた。誰と遊んだのか、
バスの中がどうだったのか。
すると、お昼のお弁当を一人で食べたんだって・・・。

どうして?
さびしくないのかな?

聴きたくなっても夫も聴けなかったらしい。
だから、私がその後を引き継ぎ聴いた。
それでも、娘は楽しかった事の話だけをしてくれた。

数日経って、もう一度夫が聴いた。
すると、一人で食べたかったから一人で食べた。別に
寂しくなかったよと言ったそうだ。

私ももう一度聴いたけれど、その時だけ娘は目を合わ
せて話してくれない。
きっと娘もさびしかったのでしょう。
仲良くしている子が違うクラスになり、新しい友達を
作って一緒に食べられない。
娘は、同じ年齢に新しい友達を作れなくて、一人で
さびしがっているように感じた。

それを感じ取っても、何も出来ない。
娘を見守ることしか。

確かに娘は本当に一人で居るのがすきなのかもしれな
い。そう思ったこともあったけれど、目を合わさない
娘にはきっと自分の中で我慢している事があるのでしょ
う。
それをしっかり受け止めてあげられないことが辛かった。
一緒に味わってあげられないことがさびしかった。

そっと娘を抱きしめてあげる事しか出来なかった。
「お母さんは、大好きだからね」
そう言って、ぎゅっとしてあげることしかできなかった。

娘は、ぎゅっと唇を結んだまま、寝てしまいました。

子供は子供で我慢しているかもしれない。
明るい話をめいっぱいしている娘がどんな思いをして
いるのかと思うと、目頭が熱くなりました。

親の無力さを感じた瞬間でした。

親は寄り添うしかできない。
子供にこそまで我慢させてしまった自分達は子供に
何を表現してしまったのでしょうか。

もう一度、子供との関わりについて考えてみます。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

自分の思い通りにはいかない

昨日、人って面白いなと思ったことがありました。
それは、自分の思い通りにしようと思うとこうなるんだなと
いう事を垣間見たからです。

娘は6歳、まだまだわがまま盛り。
自分の思い通りに行かなければ泣く。

そして、夫。
夫は最近特にですが、自分の思うタイミングで片付けがされ
ないと怒りだします。

そして、お家では結構のん気な私。

この三人が揃うと、怒りの矛先はほとんどのん気な私に注が
れます。それが時に苦痛に思う事もあります。

けれども、昨日は珍しく娘と夫でした。
夫が、食事前に片付けない娘に早く片付けなさいと注意をす
る。娘が食事中に見たいから片付けるのは途中で終わる。
すると、夫が娘の作ったものを含め、ぽんぽんとゴミ箱に
捨て始めた。
娘が一生懸命作ったものを捨てるから、娘は悲しくて仕方
ないから泣く。
夫は片付けない娘が悪い。それを注意しない私も悪いと怒!

その場はのん気な私が、まずは食事を終わらせようとその
話だけをして、二人の事には触れず、静かな食事を終わら
せた。

その後のことでした。

夫が何を思ったのか「僕が皿を洗ってあげるから、そのま
まにしておいていいよ。後から洗うから」
そう言って、テレビを見るためにリビングに向かって行った
のでした。

娘はゴミ箱から自分の作ったものを拾い出し、壊れてしまっ
た手作りおもちゃを直していました。
私は、いつもならすぐに片付けないと怒る夫が、リビングに
行って「後から片付けるから」と言ったのが笑えてきてしま
った。いつもの私と娘に対してだったら激怒している事なの
に、自分の事となると自分のタイミングでしたい人なんだな
と。
そう思いながら、お皿洗いを終わらせたのでした。

リビングで一休みした夫がダイニングに来て言いました。
夫「あれ?やるって言ったのに」
私「ああ、終わったよ」
夫「自分のタイミングでやろうとしているのに、嫌味だな」
私「そう?自分でやろうと思ってやっただけだよ。
  今からやるけれどいい?とか聴いたほうが良かった?」
夫「・・・・・。別にいいけど。」
私「手伝ってくれようとしてありがとう。」
夫「・・・・・。」

きっと私の中にいつもの事があるから言い方もきつかった
かもしれないが、夫の中で何か気付くことがあったようです。
その後、急に娘に対し、優しい夫が居ました。

娘は、自分のタイミングでゆっくり片付けたい。
夫は、自分のタイミングで早く片付けて欲しい。
二人がその気持ちを優先させた事で、怒ったり泣いたりした。
けれども、お互いがお互いを優先させる事が出来たなら、
そんな言い争いはないに違いない。

親子は似ている。
鏡のようになる。

子供が人のせいにばかりするならば、自分を振り返る事も
大切。親がしているから子供がしているんだと思った方が
いいかもしれない。

今回は夫と娘を見て思ったけれど、きっとこの娘の「後か
ら片付ける」っていうのん気さは私に似ているのだと思う。
自分がさっさと片付ければ変わるのかなと、早速皿洗いも
すぐにやった(念のためだがいつもすぐにするし、料理を
作りながらどんどん片付けていくので、普段からそんなに
洗い物をためるわけではない。たまにそういう事があるだ
けなので、念のため・・・苦笑)

自分の思い通りにはいかない。
人を自分の思い通りにしようと思うとぶつかり合うだけ。
人を思いやる事は、自分が回りのために何をするのかだ
から、他の人を動かそうとすることとは正反対。

そんな事を駆け巡らせた我が家の出来事でした。

追伸
夫は、仕事でイライラするとそうなるだけで、普段はす
ごく優しい夫なので誤解しないでくださいね。
今は大変な時期なんだと思いますよ。自分の辛さを口に
する人ではないので、相手のストレスサインを知ってい
ると、対応も冷静にできます。
今は、ストレスがピークなだけで、普段は子煩悩な優し
い夫です。夫の名誉のために(^^)


あなたは、相手を思い通りにしたくなっている時って
どんなとき?


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月11日

ありがたい

一昨日から娘の高熱は下がり始め、あとはタンが絡むようで
声がおかしいだけになりました。
ほっとしました。

食事をおいしそうに食べてくれる。
日中に好きな遊びをしている。

単純な事がすごく素晴らしいことに見えます。
ついつい当たり前と思う事が、こんなにも大きな幸せだった
んだと気付くのは、いつも辛い経験をした後です。

本当は辛い経験などしたくないのでしょうが、子供も私達親
も、こうした辛い経験は必要なのでしょうね。

ただ、こうしてお互いの辛い経験を話し合う事で、経験を
しなくても「幸せ」を感じられたらいいのかな。

「辛い経験をしたからこそ、優しくなれる」という言葉が
ありますが、
「辛い経験をしたからこそ、幸せを感じる」という事もある
かもしれませんね。

そういえば、「ありがたい」という言葉は「有難い」と書き
ます。「あり・難い」んですよね。
当然だと思っている物事は本当は、難い(むずかしい)こと
なのに、当然だと思ってしまっているだけ。
だからこそ、そのことを事前に感謝するのは、「ありがとう」
という言葉なんだよ!という話を聴いた。

今回も多くの有難いことを経験させてもらった。
熱を経験させてくれてありがとう。
元気になってくれてありがとう。
仕事とのバランスを考えさせてくれてありがとう。
仕事のサポートもしてくれた母にありがとう。

「ありがとう」の意味を知っていると、また「ありがとう」
の内容も多くなるなと感じました。

娘へ
生まれてきてくれてありがとう!


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2009年10月09日

娘の風邪

image.jpgインフルエンザではないのですが、運動会の疲れからか風邪を引きました。
やっと少し復活の兆し。

こういう時の仕事とのバランスはいつも悩みの種。
その悩みを吹っ切ってくれるのはいつも娘


お母さんを待ってる人が居るよ。私はすぐ会えるから大丈夫。頑張って

本当は近くに居たい。
でも早く帰るから待っててね。
posted by 黄色いタンポポ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

あれ?いつの間に?

今日、ふと気付いてしまった。
毎日気をつけていたはずなのに・・・。

タ(た)行の「つ」が「チュ」になってしまう娘。
それが可愛いから、いつかは言えると思って放って
おいた。

今朝、「つつむ」としっかり言っている娘に驚かさ
れてしまった。

私「あれ?今なんて言った?」
娘「紙でつつむって言ったの」
私「いつのまに「つ」が言えるようになったの?」
娘「ずっとだよ」
私「あれ?いつの間に?」
娘「ずっとだってば」
私「あれ〜?」
娘「ちゃんと毎日聴いててよね」
私「ごめん」

結局、娘に怒られてしまいました。
何気ない事は気にしてないと見落としたり、聴き
おとしてしまうんだなと改めて気付きました。

あなたがお子さんの成長を見逃していることって
ありませんか?


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。