2009年05月30日

やってしまった

昨夜は、娘をたたいてしまいました。

夜21時近くになり、やっと娘がお風呂に入ると言い出したので、
お風呂に入ったのですが、ご機嫌すぎて、大声を出すのです。
栃木の自宅ならば、大声を出しても、ご近所まで距離があるの
で放っておいても良いのですが、昨夜はアパートのお風呂。

ご近所には小さいお子さんも多いため、娘の声はアパート中に
響き渡るほどの大きさでした。

何度となく、ご近所に迷惑がかかるから静かにね。と言って
みるのですが、伝わらない。
何度か繰り返す。
そのたびに声は小さくなるどころか、どんどん大きくなるので
す。

思わず、「静かにしなさい」と声を抑えていいながら、バシッ
と手には力がこもって娘のお尻にヒットしたのでした。

娘は、今まで以上に大きな声で泣き喚きました。
すぐにお風呂を出て、
「お母さんがなぜたたいたか分かる?」と聴いたのですが、
「お母さんがたたいた〜」しか言わず、たたかれた事実だけが
その場にはありました。

いつもなら、私もごめんと謝るのですが、今回は「人の迷惑を
かけることだけは許さない」と決めていたので、娘に話をしま
した。

近くの子たちが娘の声で眠れなかったり、おきてしまったりし
ているかもということ。娘だったら、同じアパートにそういう
子が居たらどう思うかってこと。
娘は考えられる子だから、叩きたくないのに叩くしか方法を
見つけられなかった私の辛い思いのことも話しました。

娘は、それでももう「叩かれた事実」しか見えなくなっていて、
眠いことも手伝い、一人で暗い寝室へ行き、一人で寝てしまい
ました。

今朝、起きてくると、昨夜の事は忘れたのかけろっとしていま
した。でも、普通に話していると、「昨日はごめんね」と言っ
てきました。
びっくりしました。
娘なりに考えたのかもしれません。
叩いたことは私も悪いなと思っていたので、娘に私もやっと
謝りました。

娘には痛い記憶となってしまったでしょうが、近くの人のこと
も考えられる子になって欲しいという親としての思いを押し付
けていないか、今も自問自答しています。

ほかに何か方法はあったのではないか。
娘は今、何を思っているのだろうか。

もしかしたら、私の考えすぎなだけなのかもしれないけれど、
こうして悩むこともまた、自分の親としての成長に繋がるの
だろうなと今は思っています。

あなたならどうしますか?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120486116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。