2005年08月19日

経験する事の大切さ

ある企業にて接遇研修をしておりましたが、17日がその最終回でした。
最終回は、実践重視です。

頭でっかちになっている皆さんに実際に経験してもらいながら、質問
も受けながら、自分のものにしてもらおうというのが狙いでした。

さて、学んだ事がすぐにできるか。
一個を意識すると、違う部分が出来ない。
全部を意識すると、かなりぎこちない。
しかし、皆にとにかく実践をしてもらいました。
すると、新たな疑問が浮上して質問されたりしましたが、1時間もすると
皆さんがスムースに上品に接遇を自分のものにされている様子がありま
した。
今回は運よく、実際の応接室等もお借りする事ができ、皆さん学んだ事
が、すぐ使えると喜んでくださいました。

頭で理解するのと、実際に行動するのは違います。
行動できてこそ身につくというのだという私の思いが皆さんに伝わった
ようで、皆さん楽しそうに実践をされていました。

研修が終わり、帰り際、研修生全員で見送って下さった事が印象的でした。
まだまだ未熟な講師ですが、私自身学びの多い研修だったと改めて感じ
ました。
D企業の皆さん、ありがとうございました。
posted by 黄色いタンポポ at 07:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 研修講師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私も同じことを感じます。

実際に頭の中で考えていることを話してみると、
思わず弱点が見つかったということは、よくあ
ることですね。

人それぞれプライドがあったりして、そういう
素直な自分を出すことが難しいと感じる人もい
るのですが、否定される、受け入れられないこ
とを覚悟で、思いを口にすることは大事ではな
いかと思います。
Posted by Ph.D. of thuganomics at 2005年08月20日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12233333

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。