2005年12月04日

講師として必要な事

昨日、たぬきコーチこと古賀ひろのりさんと谷口貴彦さんの
楽しいセミナーのネタばらし会に参加してきました。

三回のうちの最終回だけしか参加できなかったのですが、本当に
学ぶ事の多いセミナーでした。
来年度も谷口貴彦さんが企画を始めてみえるようですので、コーチ
の方は参加されてみてはいかがでしょうか。

さて、何が良かったか
・講演ではなく、ワークショップの際に気をつけるポイントを学べた。
 どう参加者を巻き込んでいくかのポイントでした。
・アイスブレークには、「緊張をほぐす」役目と「内容へのプロローグ」
 の役目がある。アイスブレークに意味を持たせる事で、そこから始
 まる内容に興味を持つことができる。
 そのためのネタばらしがありました。
・学んだネタのことだけでなく学ぶということについて再確認
 「学ぶ」は「まねぶ」から始まる
 使って繰り返さないと自分のものにはならない。
 そこで自分のアレンジを加えていくことで、自分オリジナルのネタに
 する事ができる
・体験をする事で学びは深まる。
 左脳(考える脳)ではなく、右脳(インスピレーションの脳)に訴え
 かけてみる。

などなどです。
最終回だけでこんなに盛り沢山という事は、あと二回も素晴らしいもの
だったのでしょうね。
とても充実した一日をすごす事ができた。

これからの私の研修もバージョンアップしたものとなる事でしょう!!
楽しみにしていてくださいね。

古賀さん、谷口さん
企画者の鈴木さん、石川さん
素敵な機会を与えてくださってありがとう!

今日もご協力お願いします
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 研修講師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

素敵なセミナーだったのですね。

創作活動を始めるようになって、気づいたことがある。

それは、言葉とは「心と心を紡ぐもの」ということだ。
恋人間でも、夫婦間でも同じこと。

発する言葉によって、良い思いもできるし、悪い思いもする。

研修も同じことで、発する言葉によって良い成果にも悪い結果にもなる。

好きな人と心を紡ぐことでより素敵な思いをしたいものですね。
Posted by 魅力発掘・感動発掘請負人 玲奈 at 2005年12月04日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。