2009年07月29日

最愛なる人

天童荒太さんの「悼む人」の中に
「誰を愛し、誰に愛され、どんな事をして人に愛されたのか」
これに全てのその人の人生が集約されるというような節がある
事をワタミの渡邉美樹会長から伺った。

今朝、歌手の川村カオリさんが亡くなった。
愛娘のるちあちゃん(7歳)を残して。

二人の愛はすごく深いんだなと今朝も追悼テレビを見て感じた
し彼女のブログからも感じられた。
私は何も知らず、彼女の曲から元気玉をもらっていた。
(彼女がよく使う言葉、元気玉)

乳がんの再発なんだそうです。

私も乳がん検診は定期的にしています。
けれども、もしもそんな事になったら、娘を残してこの世を去る
事にどんな気持ちになるだろう。

きっと彼女が一番辛かったのは、自分が苦しい事よりも娘の事で
はなかったのだろうかと思うと自然と涙が出てきてしまいました。

けれども、今まで彼女が愛情を注いできた娘だから、きっと
素敵な女性になるでしょう。
あなたの残した17歳になる娘にささげる歌(ちょうど10年後の
娘に対し、ささげる歌)のように。

最愛なる人を残すことへの思いはきっと届いています。
今は、安らかにお眠りください。

私達も今の子供と居られることの幸せを感じながら、健康にも
更に気をつけていきたいと思いました。
命を持って、忘れてはいけないことを伝えてくれてありがとう。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
健康で愛する人といられることこそ幸せですね。
Posted by やす at 2009年08月04日 23:37
やすさn

はい。
そう思います
Posted by 黄色いタンポポ at 2009年08月05日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124501319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。