2009年09月22日

人のせいにしあう親子

一昨日、珍しく娘と夫が大喧嘩。
喧嘩両成敗だとは思っているので、どっちが悪いとも判断する
つもりは全くないです。

けれども、話の中で面白かったこと。
それは、親子は似るんだなと言うこと。

夫は良く「タンポポ(私)のせいで○○になった」と言います。
私は、「はいはい、私のせいだよね。ごめんね」となり、けん
かになることはないのです。

が、一昨日は娘と「ドミノ崩し」のドミノを並べていた時に、
夫がせっかく並べたものを倒してしまいました。
その際、娘に「後ろ気をつけてねなんて言うから、後ろばかり
気にして倒しちゃったじゃん」と娘のせいにしたんです。

その場は、娘が私と同じで、だんまりで我慢して事なきを得ま
したが、もう一度並べていたら、また同じことをしてしまった
のです。
ただし、今度は娘が倒しました。
すると、夫は娘に「あああ、倒れちゃった」と言いました。

それで、娘は我慢できなくなったようで、喧嘩に発展。
娘「なんで私が失敗した時だけそういうこと言うの?
  お父さんだってさっき悪かったのに、私のせいにして」
夫「手伝ってって言うから手伝ってあげているのに、そんな
  言い方するなら、もう手伝わない」
娘「それは意地悪って言うんだよ」
夫「一人でどうぞ」

そんなやり取りを娘が、まさにギャーギャー泣きながら言うもの
だから、私は他の部屋で聴いていたのだけれど、放っておきまし
た。
すると、娘がやってきて今の話を話し始めました。
「お父さんのせいで・・・」「お父さんが・・・・」
分かったよ〜。でもね、あなたはどうしたいの?って聞くと、
娘は「お父さんと作りたい」と言うんです。

両方が意地になって、相手のせいにし合っていて、率直に娘が
伝えに言っても、お互いがお互いのせいにした気持ちを抑えき
れず、また喧嘩再発。

自分のせいに出来ないけれど、頑張って謝ったのは娘の方でし
た。その時に、この娘が頑固なのは親の姿を観ているからだな
と、すごく感じてしまい、笑ってしまいました。

他人じゃないところで違うのはこの後でした。
私が笑ったら、娘もつられて笑い、結局、笑ってまた、何事も
なかったかのように、ドミノが始まりました。

並べ終わった時に、娘が私を呼びに来ました。(いつも私はこ
の見物人役で、どん臭いからと手伝わせてもらえないのです)

階段を上って、降りて、分岐して、最後に鈴がなるように作っ
てあった。
アイデアはいつも夫が作り、娘が更に、こういうのできない?
って話を膨らませて、形にしているようで、私はいつもその
出来に驚かされてばかりです。
(途中で見ると怒られてしまうのです)

最後には楽しく終われたなって思ったら、「私が作ったよね」
「お父さんがアイデア出したおかげだよね」とまた今度は二人
で自慢のし合いっこをする(笑)

子供が二人居るようで、私は見てて面白いけれど、やっぱり
親の影響を受けているんだろうなと思います。
私も気をつけなくちゃといつも思うのでした。

それにしても、人のせいにしあった時に折れるのは親であっ
て欲しいなあ。性格とは言え、ふと夫に願うたった一つの
ことでした。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
娘さんと本気で向きになるご主人。なんかほのぼの。
Posted by やす at 2009年09月22日 19:05
やすさん

まあ、いつも笑っちゃうんですけれどね
Posted by 黄色いたんぽぽ at 2009年09月22日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。