2010年01月31日

感情を受け止めると・・・

昨日の事です。
娘が工作をしていました。
そこに電話がなり、夫の足が娘のひじに当りました。

すると、慎重に張ろうとしていたテープが、

ぺたっ!!


思いもよらないところにくっついてしまいました。


娘は、お父さんのせいだ!と大泣き。
けれども夫は電話なので、相手にするわけにいかない。
ごめんと謝っても、娘の鳴き声は増すばかり。


やっとお母さんの出番です。
娘に近づいて、どうしたの?と聞いても話せない。
けれども、もう一度聞くと、先ほどの状況を話して
くれました。

「わあ、ショックだったね〜。
 丁寧に張ろうとしていたもんね〜。」

そう話している間に少しだけ落ち着いてきました。
そこで、お父さんの状況を二人で話しました。

「お父さんも、電話がなって慌てちゃったね。
 謝りたくても今は電話中だから、謝れないし、
 きっと困っているんじゃないかな」

娘は、泣きやむと私に聞いた。
「お母さんはどっちの味方?」

きたきた〜!!こんな質問いつかは来ると思って
いましたよ。
「どうだろうね。二人とも好きだから、どっちか
 の味方をするのはできないな。
 でもね、お父さんの足がわかなちゃんのひじに
 あたっちゃって、変なとこにくっついて、わか
 なちゃんが泣いたけれど、お父さんが謝れない
 ってのは分かっているよ」

聴いた事実だけを伝えてみた。
すると娘は、「分かった。もういい。」と言って
夫の電話が終わる頃には元気になっていました。

最初に娘の感情を受け止めてあげる事で、娘の
中の感情は静かになったのでした。
だとしたら、どんな時もまずは受け止めてあげ
ようと思いました。

そんな中、今日も車でのドライブ中に「気持ち
悪い」と言い出す娘に、私は気持ち悪いよね。
でももう少しだけ我慢して。と言って、止まれる
場所を探していました。
いつもなら、車の中で吐いてしまう娘が、今日は
我慢をしました。

成長かなあと思って娘に聴くと、「もう少しだけ
待ってってお母さんが言ったから」と応えたのです。

いつも同じ言葉は言っている。違うといえば、
気持ち悪い事を受け止めて、言葉として返して
あげただけ。

それが違うだけなのに、娘は私の言葉が初めて
言われた事のように聴こえたのでした。

受け止めてあげるだけで、相手にはこちらの思い
さえ伝わるようになるんだなと、不思議体験の
ようでした。


もし宜しかったら、試してみて、結果を教えてね。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。