2006年03月31日

子育てを軽くしてくれた本

皆さんに「そんなに仕事やコーチ業、そして家事に育児、
子供の接し方ってそれでいいわけ?子供が可哀想じゃない?」
って事を良く言われます。
ごめんねって思う時もあれば、子供の事は子供にしか分から
ないから子供に聞いてみようと思う時もある。
私の場合は、後者が圧倒的に多い。

「強いね〜」と言われもします。確かに強いかも^^;
でも、それ以上に強い味方がいるからです。

育児書って数多く出版されていて、全部を信じたら何も出来ない。
自分に都合の良いものを信じたらそれでいいかなあと思います。

私は「赤ちゃんの言葉が分かるベビーシッター」としてマスコミ
でも有名なトレイシーホッグさんの本を出産当時に読みました。
今でもその本が一番子育てを軽くしてくれました。

私の勝手な解釈も含んでいますが、
・子供とのふれあいは時間ではなく、質である。
 子供と向き合う時間が一日に1時間でもあれば、子供は満足
 できるのよ。
・子供だって意志はあるのよ。親のおもちゃじゃないんだから。
そんな内容が心に響いた。

もっと小さい時の接し方も書いてある。
「どうしたらいいの〜」とオドオドを通り越して怒りに変わり
そうな時に、幾度となく具体的なベビーシッターさんの言葉に
目をやった。

もし子育てが辛くなってきている方、泣き叫ぶ赤ちゃんにあた
ってしまいそうな方は一度目を通してみてはいかがでしょうか。
私見なので、お役にたつかどうかは分かりませんが、よろしけ
れば、どうぞ!

今日も温かいワンクリックをお願いします
人気blogランキングへ


生まれてそんなにたってない言葉を発しない赤ちゃん
を抱えている方へ





posted by 黄色いタンポポ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15838373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NWB研究
Excerpt: こんにちは。コーチママの両立生活を興味深く読ませていただきました。それにとても奇麗な画面ですね。頑張って下さい。また読ませていただきたいと思います。
Weblog: ぽぷらびず
Tracked: 2006-06-25 10:16
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。