2006年07月08日

目を見て話す

コーチングをする上で「視線を合わせる」というものが
あります。
相手が目をみて話してくれるだけで安心して話せるって
事ありませんか?

今朝も娘との会話の中でありました。
いつも車の中では娘のお話をいっぱい聞きます。
運転中なので、視線を合わすことはできないので、あえて
「聴く」ではなく「聞く」と表現してみますね。

そして、今日もいつものように車の中でお話をしていました。
環境の良い場所に住んでいるので、毎日通園途中に牧場の
「馬」を見ることができます。
道を変えれば、乳牛の牛舎の「牛」をみることもできるの
です。

今朝は娘が「今日もお馬さん、見れるの?」と聞くのです。
私「うん、見れるよ」
娘「お馬さん、見れるの?」
私「お馬さん、見れるよ」
娘「ねえ、ねえ、お馬さん、見れるのって!」
私「うん、お馬さん、見れるよ」
娘「お母さん。私のこと好き?」
私「え?好きだよ。大好き!」
娘「私、お母さん嫌い」
私「なんで?」
娘「だって、お母さん私のこと見てくれないもん。
  いっつもね、見てお話してくれるのに、今日は見て
  くれないもん。だから嫌い」
私「あっ、ごめんね。見てなかったよね。
  でもねお母さん、運転してるんだあ。
  運転してる時に○○ちゃんの事見ると、運転できない
  でしょ?
  車止まってお話したほうがいい?」
娘「そっか。車止まらないでいいよ。
  お馬さん、早く見たいから。」
私「ごめんね。でも○○ちゃんのお話聞きたいから、
  見てなくてもお話できる?」
娘「じゃあねえ、ちょこっとだけ話してあげる。
  ちょこっとだけだからね。
  で〜、お母さんも一緒にできるお歌歌おう!
  それだったら私も淋しくないから。」
私「うん、そうしよう!」

すっかり話しが上手になった娘のストレートな言葉にドキッ
としながらも、お馬の横を通過しながらお歌を歌って登園
した朝でした。

目を見て話すって、相手に安心感だけでなく、一緒にいる
事、聞いていることも発信できるんですね。
娘に教わりました。ありがとう!

今日もワンクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20447611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。