2006年09月30日

教育の現場にもコーチングを

最近、更に家族を優先しようと思って出かける回数を極端に
減らしました。
忙しい月はほとんど出かけなくてはならないので、軽めの時期
は極端に予定を入れないようにしました。
そのために積んでおいた本を読む時間を作ることができました。

今日は本間正人さんの「コーチングの教科書」を読んでいます。
「教育は、教えるのではなく、学んでもらう学習でなくては
 ならない」とおっしゃってます。
上から教えるばかりではなく、子供が自ら学ぼうとして学んだ
時に初めて身につくものだと。。。

本当に実感。。。
テストのために教えられる勉強は意外に忘れている。
けれど、歴史の年号が覚えられないのに、自分の趣味にまつわる
エトセトラは覚えられるんですよね。
私の知り合いには、車のレースが大好きな人が居て、何年には
誰々が優勝した。誰々は何年からデビューして何年に引退、そ
の間に何年と何年にタイトルを取った。なんて、流暢に語って
くれる人も居ます。

本当に自分が身に付けたい、知りたいって思うものって体に
染み入る感覚があります。
その事を始めとして、やはり勉強も興味を持って取り組めると
いいねと言うことから始まって、その学習の中で、コーチング
のスキルを活かしていこうというものだと私は感じています。

私も最近、小学生の子達と学習する機会がありました。
目の輝いている子達を感じた時に、すごく嬉しかったのを覚えて
います。
私がいつかやりたい「子供達へのコーチングで、子供達にその
思いを書道で紙に書けるようになるお手伝いをしたい」という
事のためにも、この本が勉強になるような期待感があります。

さあ、今日は一日読めないけれど、今晩からまた読もうっと!!

10月から体験コーチングも始める事にしました。
詳細は明日告知します。
ご興味がありましたら、明日のブログも見てくださいねわーい(嬉しい顔)

では、今日も楽しく過ごしましょう!!



今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名前の通り「教育現場」にこそコーチングですね。
学びたい意識。動機付けが肝心だと。
Posted by 泥水飲込 at 2006年09月30日 09:24
そうなんですよね。
勉強も仕事も動機付けって大切だと
私もひしひし感じてます。
Posted by 黄色いタンポポ at 2006年09月30日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。