2006年10月27日

子育てってすごい!

昨日、「コーチングを子育てに活かす」というテーマで研修を
してきました。
いつもいつも研修では新しい事を私も学び得てきます。
参加者の皆さんと共に学んでいる感覚なのです。

昨日も新しい事を学びました。
それは、「子供にとっての会話をしやすい場」の事です。
コーチングでは「視線の高さを合わせて・・・」という話しが
一般的だと思われます。
昨日はその態度や姿勢について、皆さんに話し合ってもらって
発表という形をとったのですが、視線以上に大切なものがあった。
おんぶされてたり、あぐらをかいたところに座り込んだ時だった
り・・・。一体感・安心感・ぬくもり・愛情の感じられる感じら
れる場所であれば、視線はどうであれ、話しやすいという事だっ
た。子育てならでは・・・。

すごく感動をしました。
そして、その状態も意味づけも皆さんからの発言から生まれた。
まさに引き出された状態。。
そして新たにスキルが一つ追加されたような発見でした。。

その場に居てくださった皆さんが作り出した空間。発言。
素晴らしい空間に私はたち合わせてもらえたんだなあって嬉しさ
を隠せませんでした。

子育ては本当に奥が深いなあと感じました。
これから出会うママ達にも、伝えていきたいなあと思いました。
そして、また新たな事を発見したら、ここでもお伝えしていきた
いなあと思いました。

昨日の感動は、帰ってから「興奮」として娘に伝わったようで、
娘までハイテンションでなかなか寝ませんでしたたらーっ(汗)
けれど、娘とまさに「一体感」を味わっているのだなと思うと
これもまた嬉しい気持ちになりました。

参加して下さった皆さん、そして企画して下さったパルティの
方々、そして娘に感謝!
ありがとう!!

今日もまた素敵な一日でありますように。。。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 05:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 研修講師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も「視線を合わさなくても」という新しい視点、これには私もとても驚きでした。聴いた瞬間、想定外の回答に一瞬「え?」と思ったのですが、それができるのは、安心感やぬくもりを感じられる身内ならではなんだろうなと、つくづくハートの奥深さを痛感しました。
そして、それをとても丁寧にまとめた黄色いタンポポさんを、改めてすごいなあと尊敬したmayでした。どうもありがとうございました。
Posted by may at 2006年10月27日 07:00
mayさん
ありがとう!
「ハートの奥深さ」ね、なるほど!!
私自身、聞いてみたい事を聞いたんです。
皆さんの体験からの事だからこそ、皆さん
からの心の声が大切なんでしょうね。
しみわたる〜って感覚、今もはっきり覚え
ています。
企画して下さってありがとう!
Posted by 黄色いタンポポ at 2006年10月27日 08:32
全部含めて「目線をあわす」という表現なんでしょうね。だっこ・おんぶ・添い寝。
信頼関係の前に安心関係なのかな?
それにしても良かったですね!
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月27日 08:55
泥水飲込さん
目線を合わすとは違うニュアンスには聞こえた
けれど、親子の場合信頼関係は前提のもので、
安心関係なのかもしれませんね。
良かったですよ〜^^
ありがとう!!
Posted by 黄色いタンポポ at 2006年10月27日 09:04
子供が入っている部活には、母子家庭のかたが数人います。その方達が小さな子供さん達を連れて、見学または応援に来たりします。その際監督やコーチの方達におんぶしたり、だっこしたりしている姿をよく見かけます。やはり目の高さ、視線を合わせるのも大切かもしれませんが、私が思うに、スキンシップを沢山とってあげた方が子供達の精神安定に一番良いような気がします。小さいうちは自然に手をつないだりしますが、ある程度大きくなるとしなくなりますので、出来ればそのようなときにこそ必要に思います。
Posted by hone at 2006年10月27日 09:42
honeさん
スキンシップ!
昨日も何度も出てきました。
本当にその通りです(しみじみ・・)
ありがとうございます。
Posted by 黄色いタンポポ at 2006年10月27日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。