2006年11月09日

どうしてなの?

何度叱ってもいう事を聞かないむかっ(怒り)なんて経験ありませんか?
昨日はそんな事を無くせなくても、少なくできるかもしれない
触れ合いを発見!

私の娘はなぜか車が大好きです。
だから、室内灯をつけたり消したり、スライドドアを開けたり、
閉めたり。エンジンがスイッチ1つで切れるから、たまにシート
ベルトから脱走をしてエンジンを止めに来るあせあせ(飛び散る汗)

昨日も帰宅して駐車場に入れる途中で娘がまたもやシートベルト
を脱走し、エンジンを途中で切ってしまった。
当然、車はストップ。まだ車庫入れ(屋根はないけど)の途中
なのに。。。。

道で同じ事をされたら危ないので、さすがに叱りました。
すぐに「ごめんなさい」という娘。
しかし、反省してないのは感じ取れる。

そこで、黙っていたら一生懸命謝る。
私は聞いた。「何をしたから謝ってるのかな?」「何が悪いの?」
いきなり首をかしげて悩みだす。
目を向かい合わせて、
私「何が悪いの」
娘「・・・・。
  私が悪いの」
私「何をしたから怒られちゃったの?」
娘「・・・・。
  意地悪したから」
私「どれが意地悪だったの?」
娘「シートベルトを外したから」
私「これから止まってからにしようね。
  他にもあるんだけど、何だと思う?」
娘「スイッチ押した」
私「そうだね。スイッチ押しちゃったよね。」
娘「うん。ごめんなさい」
私「なんで、スイッチャ押しちゃいけないんだろう?」
娘「・・・・。
  危ないから」
私「危ないよね。道路で同じ事したら、また車止まっちゃって
  後ろの車がぶつかってきちゃうね」
娘「恐い」
私「恐いね。」
娘「うん。もうしない」
私「そうね。わかってくれてお母さん嬉しいよ。」
娘「ごめんなさい」
そして、ギュッと抱きしめてあげた。

ごめんなさいの理由が大切なのかもしれない。
それがしっかり子供に伝わっているのかどうか。
それが分かればしないのかもしれません。

娘は帰ってきた主人に、その事を自分で話して、もうしないよ!
と笑顔で宣言していました。

子供になぜ怒られたのかをきいてみたらどうかなと思いました。

今日は子育てセミナー!
このお話しも皆さんにシェアできるといいな。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はこれがね〜いわゆる
「むこうのおじさんが怒るから止めなさい」になってしまうと、ね。多いんだけど。
Posted by 泥水飲込 at 2006年11月09日 09:17
泥水飲込さん
そうなんですよね。怒られるのがいやなのは
誰かなあ?子供ではないものね。
Posted by 黄色いタンポポ at 2006年11月09日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。