2013年12月16日

勉強のデキる子を育てるには?

今日、伺った事ですが、あなたにもシェアします。
勉強のデキる子を育てるには、大きく分けて3段階あるそうです。

1.やりなさいと強制する。指示する。
2.やったら褒める。
  結果が出なくても、成長が見られたら褒める。
当面は1.2を繰り返す。
3.自分でやってよかったことを実感させる。
  よかったと思える事を見つけられるように質問する。
上記3段階だそうです。

これは行動心理学とも合致するし、部下育成とも同じだなと思いました。が、なかなか子供には出来なかったけれど、意識してみようと思います。
1.外からのきっかけづくり
2.やってよかったと思うことを周りからの声掛けで手伝う
3.自分でよかったと思うことを見つけ、内側からの動機付けを見つける事を手伝う。
これができたら、周りが言わなくても頑張れるようになるのかもしれません。

人は思う通りにはいかないのが子育てで実感できているので、いくら3つとは言え、そこでプラスではなく、マイナスのものしか得られないと感じさせてしまったら逆効果になることもあると思います。
そこは、日々子供を見ている親の視点で捉えられるもの、そうでなく子供にしか感じられないもの、双方があると思うので、日頃の会話は心がけていきたいものです。
posted by 黄色いタンポポ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチママ奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382796360
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。