2006年04月21日

感謝を伝える

今日はいつも応援してくれている母の誕生日!
母に素直に「ありがとう」を伝えやすい日。

日頃、ありがとうを形に(言葉やプレゼント)にしても
なかなか受け取ってくれない母も、今日ばかりは喜んで
受け取ってくれました^^
それがまた嬉しかった。

コーチングでも感謝を伝えるって、相手を認める大きな
事だと考えられています。

子供にだって、その周りで一緒に支えてくれている家族
にだって、「感謝を伝える事」くらい出来そうじゃない?

以前は、母に対しても干渉されているようで苦手意識を
持った時期もあったけれど、今は全くない。
感謝を伝える事ができるようになったら、感謝の方が一段
と大きくなったのを感じた。

「ありがとう」といえる事柄を探すだけでも相手に対して
優しくなれるのを感じる。

人が皆そうだとは限りませんが、もし出会った人に皆、
感謝の気持ちを持てたとしたら、苦手な人なんて居なく
なったりしてね^^


子供を育てるためには、自分だけではなく、やはり多くの
人の協力を得ています。
その人達にも感謝を伝えていきたいと思います。

お母さん、おめでとう!
そしていつもありがとう!!!


今日もワンクリックをお願いします。
最近不定期になっていたせいで、ランキング低迷中。。。
ご協力お願いします。
人気blogランキングへ

2006年02月28日

成功体験を積み上げる

子育ての中でコーチングのスキルは本当に色んな場面で活用できます。
まだまだ半人前の事しかできない子供にあなたはどう声をかけますか。

散歩に疲れて、途中で「抱っこ〜」と泣き出す子供にどう声をかけますか。
我が家では、
「今日はここまで歩けたんだね。すごいね」と出来た事、成長した事を
褒めるようにしました。
私の娘は今、何でも自分でやってみたい時期のようで、手を出すと
「自分でやる!」と怒ります。
なので、頑張って自分でやってもらう。
でも最初から上手くいくはずもなく、途中でヒステリックになったりする。
でも、「ほら、出来なかったじゃない」なんて言ったらいじけちゃう。

だから、「あら、ここまで出来るようになったんだあ」と成長した部分を
認めてあげる事にした。
まだ2歳なのに、今では電話にも一人で応対できるようになってきた。

傍から見たら、まだまだ半人前だけれど、「成功体験」を積むことで、
自信を持って、いろんな事にチャレンジしていく娘を頼もしく思えます。

今はフィギアスケートを見ていて、片手で片足を持つのが娘のマイブーム。
全然足なんか上がってないんだけど、「あっ、片足で立てるようになった
ね。」って言ってあげるとすごく嬉しそう^^
嘘をつくわけではない、事実だけを伝えるだけでもいいんですよね。
「○○できてない」事実ではなく「○○できた」事実を伝えてあげるだけで
子供自身がそれを成功と思えば、勝手に成長を始める。

とっても気が遠くなる連続作業だけれど、これもまた私が親としての成功体験
を積んでいる途中なんだと私は思う。

これからも気長に娘を見守って、お互いに成功体験を積んでいきたいと思う。


今日もあたたかいワンクリックをお願いします。
人気blogランキングへ

2006年01月28日

自分を知ろう

子供と接しているとつい子供のペースに合わせてしまう事が
ある。それが良いか悪いかは別にしても、自分を見失わない
ようにしたいと思います。

そこでEQというもののご紹介です。
EQの私の解釈ですが、「自分の感情をコントロールする事」
だと思っています。

どうコントロールするの?

それは自分を知ることだったんです。
子供にイライラしている時の例を取り上げてみます。

「今何に怒っているの?」
「子供の何が気に入らないの?」
怒っている事には間違いない!とまず自分の感情は受け止め
ます。
そこでどうして怒っているのかを考えてみます。
そうすると何が起こるのでしょうか。

私の場合ですが、子供がやることを中途半端にして次の事を
始めるとイライラしたりします。

ああ、私って怒ってるわ。またそれにイライラしちゃうわ!
右斜め下
 私って何に怒っているんだろう?
 そっかあ、私は中途半端なのが嫌いなのね。
 私はそうだけど、この子は?
 人は千差万別、同じわけないものね。
 右斜め下
  (少し冷静になる)
  子供だもの、何でも興味持つって素敵なことなんだわ。
  見守ってあげよう。

というわけで、自分の感情がどこから沸いてくるのかを知った
だけなのに、すーっと怒りが納まるのを感じることが出来まし
た。

これはEQの入り口に過ぎないと私は思っています。
もしこのEQにもう少し触れてみたくなった方は、こちらの
本などいかがでしょうか。

幸せ成功力を日増しに高めるEQノート
野口 嘉則著
日本実業出版社 2006-01-26発売


今日もワンクリックご協力を〜
人気blogランキングへ
posted by 黄色いタンポポ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

子はコーチ

子供一般がそうであるかは分かりませんが、子供って生まれつき
コーチなんだなあって思いました。

どんな点が・・・?
1.事実を伝える・・・・・私の行動や言葉を真似して伝えてくれます。
             言葉の意味が分からないから、意思や考えを含まず
             ストレートに伝わってきます。
2.言葉の繰り返し・・・・言葉を上手に真似して繰り返します。
             そうして言葉を覚えていくのですものね。
3.相手のペースに合わせる
         ・・・・親がゆったりしていればゆったりします。
             急げば急いだフリはしてくれます^^;
4.言葉ではない部分を感じて表現できる
         ・・・・「楽しい」と言っていても、疲れている時は笑顔に
             なれない時もあった。その時に疲れた顔をして
             「楽しいの〜?」って伝えてくれた。

他にもあるのかもしれませんが、上記4点はいつも感じることです。
言葉を理解するために表情などでも見ていてくれるのですね。

今朝の子供を連れて会社に出かける時の会話です。
(出かける準備をして玄関で靴を履いていた時)
子「何すんの〜?」
私「お仕事行くんだよ」
子「お仕事〜?」
 「なんで〜?」
私「お仕事好きなの」
子「お仕事好きなの〜?」
私「そうよ」
子「なんで〜?」
私「ううううん・・・。会社の役に立てるから(笑顔)」
子「(ニコニコしながら)ヤクに立てるから〜?」
私「そうよ」
子「そっかあ。私、チョコレート好き〜」
私「そっかあ、チョコがすきなんだあ」
 「あっ、お出かけの時間だあ(焦)
子「(バタバタと)ほんとだ!時間だ、時間だ〜!」
 「お母さん、早くお靴履きな〜」
私「はあい!」
子「しゅっぱあつ!」

子供に主導権を持ってもらう会話って結構楽しいですよ。
今朝もすっかり子供に「なぜお仕事するのか」をコーチングされた私でした。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年01月12日

コーチをつける

コーチングを知ってから、ずっとコーチをつけています。
なぜか?
まずは「良いコーチにはコーチがついている」と言われたから。

最初は、お金を使わなくてもセルフコーチングで十分だと思って
いました。
しかし、最近分かってきた事があります。というより、理屈でし
か分かってなかった事を知りました。

コーチをつける効果
・自分の見えてない、気付いていない視点や行動に目を向ける
 事ができる
・自分の感情コントロールがしやすくなる。もしくは聞いてもら
 い、感情を浄化できる。
・コーチとして行き詰った時に、その方の経験からも学べる。
 (私のコーチはメンターコーチです)
・同じ経験を分け合える
・コーチとしての手法を経験できる。
・クライアントさんの立場を理解できる。
そんな事を本当に改めてヒシヒシと感じています。

今までは理屈でしか分かっていなかったので、「セルフコーチング
でいいのにな」っていう思いも否めなかったのですが、お願いして
いてよかったなあと感じます。

昨日も、今後の研修講師としてのあり方や内容吟味をセッションの
中で取り扱いました。
私のコーチは本当に経験豊富なコーチですので、私に一つの視点も
見えてこないことには、さっとそっと提案をして下さって、そこか
ら、私の発想が始まりました。

友達のように和気藹々とした中にも、抑えるところはしっかり抑え
て下さるそのコーチングに、「なるほど、こうすればいいのかあ」
というコーチとしての気付きもありました。

見た目にも美しいコーチなので、外見を磨くお手伝いもしてください
ます^^(今年のテーマでもある)

コーチがコーチをつけるというのは、クライアントさんとの相互成長
とは違う、コーチとしての成長を促してくれる素敵なパワーがある
ように感じました。
私のコーチとしての成長は、メンターコーチの存在なくしては語れな
いでしょう!

今までお世話になってきたコーチ、今後お世話になるであろうコーチ、
これからも宜しくお願い致します。

今日もワンクリックお願いします
人気blogランキングへ

2005年11月16日

ポジティブな発想

ポジティブなイメージが思い描ける時、ネガティブなイメージが
思い描ける時、どんな違いを感じられるでしょうか。

私は、以前の職場で司会をしていた頃、足が震えてしまい、恥ずかしくて
顔を真っ赤にしながら話していました。
それは、「私が出来るのかしら?」「私、あがり症なのに・・・」
などネガティブな発想が多かったように感じます。

しかし、話し始めれば、結構堂々たるものに見えたようです^^
だったら、発想の転換!!
「私って話せるんだな」「失敗しても、すみませんでいいじゃん」って
思うようにしたんです。
そうしたら、不思議と平気!!
緊張は隠せないし、足の振るえはあるけれど、すごく冷静な自分がいま
した。

それから、コーチングと出会い、コーチングの中で同じような事をして
いるのに気がつきました。
・今日は、○○と××をやろう!と思います。
・○○を終了している自分を想像(周りに誰がいるか、どんな表情かなど)
・××をすごく楽しそうにこなしている自分を想像する
・「今日も楽しいな。頑張るぞ!」と声に出して言ってみる。
・笑顔を鏡でチェック!!(結構、これが効く!笑顔の自分を客観的に
             見られるわけですから)
コーチングを始めてからずっと続けていることです。

コーチングを始めて思う事は、その先の目標があるかが大切なんだなあと
いう事。

今の近い目標「例えば今日のテストで絶対100点を取る!」だったとすると、
100点が取れなかった時は、色んなネガティブな感情が爆発してしまう。
でも、先の目標!「○○になるためにやっている事の一部」だと考えれば、
「次こそ頑張ろう!」「今回はここでミスをしたのか。次はここはこう
答えたらいいんだな」「100点でなくても学べた」などなど、色々とポジ
ティブに発想を切り替えやすいと私は思う。

まさに「失敗は成功のモト」とする事が出来る。
「失敗」という言葉さえ、ネガティブな言葉ではなくなる。
私はそんな気がしています。

スピリチュアルな発想でいけば、
「その時、その事が起きたのには、理由がある。何か自分へのメッセージ
 が込められている」
のだと思います。(確か江原啓之さんが仰ってました。)

それをしっかり自分の事だと受け入れ、次に、今後に生かしていきたいな。
そんな事を思いながら過ごしていると、心にゆとりができました。
後は、時間のゆとりだなあ。。。。

うん、自分で選んでそうしてるんだもの。
何とかしていこう!!
posted by 黄色いタンポポ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

コーチとしてのあり方

コーチとしての自分のイメージが今まではっきりしてませんでした。
しかし今日、お姉さんコーチHさんとお話をしていて気づけました。
私は「かすみ草」のような存在のコーチになりたいんだと。。。

私の存在自体は「黄色いタンポポ」だと仰ってくれているコーチTさん、
シンクロの多いコーチKあらためYちゃん。。
たぶん存在はそうなんだろうなあって思います。

コーチとしては「かすみ草」のように、クライアントであるきれいな花
をそっと引き立たせるような存在でありたい!
とても抽象的な表現ですが、自分の心にフィットしたので、ここに書き
留めておきます。

気づかせてくれたHさん、ありがとう!!
posted by 黄色いタンポポ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

コーチ大会に参加して

昨日日本コーチ協会主催のコーチ大会が行われた。
全国からご活躍されているコーチ始め、これからコーチングを
知りたい方まで、およそ420名の方々が参加されていました。

サポーターまでさせて戴きまして、運営の方々の大変さも垣間
見る事が出来、参加される方、運営される方が共に居てなりた
っているんだなと改めて感じる事ができました。

昨年のコーチ大会は、まだ知るコーチも自分のコーチだけという
中での参加でしたが、今年は多くの仲間との集いの場でもあり、
また新しい出会いの場でもあり、一段と素敵な体験をいっぱい
させていただけたように感じます。

またその中で、コーチ21の創始者でもあります伊藤守氏の講演
もありました。コーチ21のプログラムを知っていただくための
講演だったようですが、魅力的なお話が聞ける事を期待して、
既にコーチをされている方々も多数参加されて見えました。

私にはその講演がすごく心に残っています。
「コーチングはスキルや言葉じゃないんだ、心がなくちゃ駄目
 なんだよね!」
分かっているはずなのに、やっぱりこの根っこの部分を忘れては
いけないと強く感じました。
素敵なお話しをありがとうございました。

また、日本にコーチングを広めて下さったアメリカの「コーチング
の父」デービットさんの講演もうかがった。
この中でも、素敵な体験をさせていただけた。
「夢を語らせるだけがコーチじゃないんだ。しっかりと現実を見据
 え、目標を明確にもって、実現をサポートするのがコーチなのだ。
 だから、現実をしっかり見据えることをさけているのは、優しさ
 でもないし、コーチでもない。相手の成功を願えばこそ、たまに
 は辛い局面の質問もしなくてはならないのだ。」
そう、私には聞こえた。
すごく大切な事を伺えたんだと思った。。。

また「朝起きて寝るまで僕はコーチなんだ。」というデービット。。
コーチとしての誇りも感じた。
同じにはなれないけれど、コーチという職業に誇りを持って、また
コーチとしての人間性を育んでいきたいと思いました。。

素敵な一日だった。
ちょっと体調を崩している家族や自分のために早めに帰宅したのですが、
コーチング界をリードされる方々のお話、この一年で出会った仲間達、
新たに出会った素敵な方々にお会いできた事に、更にありがとう!

楽しかった、素晴らしかった昨日を忘れないように、しっかり記して
おこう!
そして、また明日から、これを糧に頑張ろう!
また来年、どんな大会になるのか今から楽しみです。

スタッフの皆様、ご一緒させていただいたサポータの皆様にも改めて
感謝いたします。
ありがとうございました。
posted by 黄色いタンポポ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

明日はコーチ大会

明日は東京フォーラムで、日本コーチ協会主催のコーチ大会が行われます。
今回も全国から、何百人というコーチの面々がそろうかと思うとワクワク
します。

さて、そのコーチ協会の栃木支部(栃木チャプターという)を12月付けで設立できる
事となりましたので、ご案内ではありますが、皆様にもお知らせしたいと思います。
ご興味とお時間があれば、是非お立ち寄り下さい。

href="http://smailcoach.up.seesaa.net/image/95BD967B82B382F18Du898989EF.pdf" alt="平本さん講演会.pdf" target="_blank">平本さん講演会.pdf
posted by 黄色いタンポポ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

自己基盤の整備

コーチングを受けるようになって私は大きく変わったことがあります。
それは、「私は何を得たいのか」を考えるようになれた事です。

講演に参加、研修に参加。
ただ漠然と参加してきたことはないつもりでは居ますが、今日はこんな
事を学びたいと思うだけで、学びの深さが違ってくる気がします。

そんな中、ふと自分の時間となると要領よくこなさなければ時間を作る
事が出来ない生活に慣れすぎてしまって、ボーっとする時間が惜しくて
たまらない。
しっかり体が疲れていても、休む事ができない。
結果的に体が悲鳴をあげてくれるまで、体のサインに気づかないフリを
してしまう事が多くなってしまっている。
やはり休む事も体には大切な事なんだろうなあ。

月に一度のペースで母が遠くから休む時間を作るために来てくれています。
本当にありがたいです。
なのに、私はここでもチャンスとばかり研修や講演に参加しに出歩く。
結局やすまない。

ところがふと気づいた。
私にとって、休む事が苦痛なら、無理して休まなくてもいいんじゃないかな。
それがたぶん私のリズムなんだ。

そう思ったら急に楽になって逆に休めるようになった。。。
不思議ですよね。
研修とかは目的を持って効果が上がってるのに、普段は「しなくちゃ」って
思ったら良くならなかった。

結局、やりたい事を優先させてるか、義務的にしなくちゃという事を優先さ
せているかの違いなんでしょうね。

自分を大切にするという事は、自分のしたい事を優先させるって事なんだなあ。
そう思うと、私生活で我慢している部分が結構ある。これを満たすためには
どうしていけば良いのだろうか。

その部分が見つかると、もっと自己基盤の整備もできるのかなあと感じた。
ちょっとその部分も考えていってみようと思います。
posted by 黄色いタンポポ at 00:02| Comment(3) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

一つ目標を達成した時

コーチを始めて一つ自分の成長を感じる事がある。
それは、一つ目標を達成した後の自分のあり方です。

今までの私は、目標を達成すると随分とその満足感に浸る時間が長かった。
それが良い悪いというわけではないですが、その事に満足してその場に居続
けたい自分がいました。
しかし、今は○年後、どうしたいかを常に考えるようになったお陰で、目標
を達成した時に喜びに浸ったり、祝杯を上げたりするのはほんの少し。仮に
それがすごく嬉しくても、「次は○○をしよう」と思えるようになりました。

結果としてゆっくりであれ、常に進んでいく自分を感じられるようになりま
した。

人との関わりの中でも、とても言いづらい事であろうと、これから長くつき
あっていきたい人であればあるほど、素直に話しをしていこうと思えるよう
になりました。(これは最近だけど・・・)

今ももちろん大切だけど、その目的を見失わないようにしたいと思います。

これはコーチとしてでもあり、また自分がコーチをつけている事の成果だと
感じています。
これからも、一歩でも半歩でも、毎日でなくても良いので、常に前を向いた
自分でいたいと思います。

一人だけではできない事の方がいっぱいです。
周りの方のご協力、またはご指導も受けながら、私らしく輝いていきたいな。
今まで私の成長を支えて下さった皆さん、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。
posted by 黄色いタンポポ at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

コーチング勉強会開催

今日は、宇都宮市内にてコーチングの勉強会を開催しました。
今月で無事三回を終えることができました。
来月以降も月に一度のペースで皆さんにコーチングと触れる
場、コーチにとってはコーチングを磨く場として、提供して
いけたら良いと思っております。

コーチ仲間を募り、日本コーチ協会支部の年内設立を目標に
勉強会をやって参りましたが、やっと実を結ぶ準備が進んで
まいりました。
私はサポート役に徹し、他のコーチに代表をお任せする事に
なるのですが、私の「県内にコーチングを広めたい」「笑顔
の拠点となりたい」という思いは皆さんに通じていくと信じ
ております。

新しい方々とお会いしたり、コーチ仲間のセミナーを聞く度
に、「みんなすごいな〜」と思ってしまいます。
人には今まで歩んできた経験からしか学べない「学び」や
「価値観」があると思います。
それを感じる度に、一つ一つの言葉達がずっしり心に響いて
きます。

私にも当然経験から学んだ事は多くありますが、まだまだ
発展途上です。これから私も「すごいな〜」と言っていただ
ける重みのある人となれるよう、自分らしさとともに磨いて
いきたいなと思っております。

これから仲間として、今まで以上に切磋琢磨しあっていきた
いTさん、Oさん、これからも宜しくお願いします。

そして、本日参加して下さった方々、紹介をして下さったM
さん、私達に学ぶ時間を下さってありがとうございました。
本日の出会いに感謝します。
皆さん、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。
posted by 黄色いタンポポ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

物を多面的に捉える

今日は、午前中に接遇研修講師をしてきました。
その後、東海道新幹線の各駅停車で東京へ。
乗り換えて、東北新幹線各駅停車である駅まで戻る予定でした。

東海道新幹線にて
3シートの窓際だったので、隣2つのシートに小さな2人の子供とそのお母さん
がのって見えました。
最初は、おとなしかった子達も、さすがに各駅に止まる度に「まだー」「今度
かなあ?」なんて言ってお母さんを困らせ始めました。下の子は1歳の子らしく
疲れて、泣き声さえ上げていました。

しかし、私も母親なので、そのお母さんの困っている様子が良く分かりました。
なので、笑顔を子供達に振りまいて気を紛らわせてあげようとしたら、1歳の子
が興味を持ってくれたので、一緒に遊んであげました。

お陰で、お母さんは大きいお子さんだけを見てあげればよく、私にも楽しい時間
とする事が出来ました。
降りられる時、なんどとなくお礼を仰ったお母さん。私も嬉しくなってしまいま
した。「心の栄養」をいただいたようでした。

そして、私が降りる東京駅。
今度は、二人の子供が窓際で「お母さん、居るかなあ?」
もしかして?「二人で新幹線に乗ってきたの?」って聞いてしまいました。
「そう」「初めて二人で行ったんだよね。心配で眠れなかったよ」って。。。
どうやらお母さんが本当に迎えに来てくれるか心配で、眠れなかったようです。
小さな二人の大冒険!
お母さんが迎えに来ているのを知って、「お姉さん、声かけてくれてありがとう」
って笑顔の贈り物をくれました。
たった一言が、二人には心強かったのかな?何よりお母さんの偉大さも感じました。

ちょっと違った視点で、「お姉さん」って響きもすごく嬉しかったりして。。。。


さて、問題の東北新幹線。
昨日の地震のため、ダイヤが乱れてました。一時間程度の遅れとの事でしたが、
危機管理を会社で学んだ私としては「また地震が起こったら、一時間後の保障は
なくなる」と思い、手前の駅でしか止まらない新幹線へ乗車。その後、普通電車
で、乗り継ぎの良いものがある事を新幹線内で調べておいたので、普通電車に乗り
替え、無事帰宅。。。

東京駅で、一時間を待つも一つ。駅員さんに怒鳴るも一つ。最寄駅に止まる新幹線
を待つも一つ。。。。
選択肢は本当に色々あったと思います。実際、色んな選択をして見えた方が見えまし
た。
でも、午前中の研修で疲れきった私には、私なりの選択でした。
コーチとして、他人に当たる事なく、色んな選択肢の中から、今の自分にあったもの
を選べた事が体験として残りました。

すごく色んな体験をできた帰路でした。
posted by 黄色いタンポポ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

人生の幅を広げる

昨日、テレビを見ていたらセラピーカウンセラーの江原啓之さんが出て見えた。
その中での一コマ

交通事故でなくなった方に対し、タレントさんが「これもこの人の運命だった
のでしょうか?」と伺われた。
「はい、そう受け入れるしかないでしょう。『人は人生の長さは変えられないけれ
ど、人生をどう込めるか』なんです。」とお答えになっていました。

「込める」って取り方次第なので深い言葉に感じました。
人生にどういう意味を込めるか?
人生にどんな内容をつめ込むか?
人生に気持ちを込めて生きられるか?

6月末に吉本興業の元マネージャーで、現在人材育成に尽力されている大谷由里子さん
の講演があり参加した時も同じような事を仰ってました。
『人生の長さなんて変えられへん。人生の幅を変えればええねん!』
『どんなええ会社に入るかやない。その会社でどうやっていくかが問題やねん』

人生って考えると少し重い気はしますが、せっかく生きていくなら自分のしたい事を
意識して、内容の濃い人生を送りたいなと改めて思いました。

そして、コーチとして、皆さんの人生をサポートしたり、どんな事をしていきたいの
かを一緒に探したり、今ぶつかってる壁を乗り越えて、まだまだ続く人生を楽しく
していけるようサポートしたり・・・色々な場面で皆さんが幸せを感じられるよう
応援していきたいと改めて思いました。
posted by 黄色いタンポポ at 08:42| Comment(2) | TrackBack(1) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

元気のスイッチ

私は、人の話しを聞くのが大好きです。いろんな方の講演を聞くのも好き。
そんな時、「売れっ子コーチ」に共通している部分を見つけた。

それは、自分がくじけた時、くじけそうになった時にリセットできる
「元気のスイッチ」を持ってみえる事です。

あるコーチは、呼吸法・姿勢・声など、意識すれば変えられる行動から
リセットをかける。
あるコーチは、「何をしている時の自分が一番元気になるか」を認識し、
元気がない時にその状態にもっていってリセットをする。

そしてそのコーチ達は、「落ち込んでるのね」「元気ないのね」ってその時
の自分をまずは受け入れ、ポジティブにその状況を考える。

だから、講演等で皆さんの前に立つ時はいつも元気だし、輝いてみえます。

私は、意識してもポジティブになれない事が多かったので、行動から変えて
みる事にしました。
深呼吸は吸う事より吐く事を意識して心を落ち着け、空を見上げて上体を
解放した気分になり、人と会っていろんな話しを聞く。
こうして私は元気になっています。

自分がまず元気で居なくちゃ、他の人を元気にさせる事なんて出来ないものね。
自分の気持ちにいつでも余裕が持てるように、この私のスイッチを大切にして
いきたいと思います。

皆さんの「元気のスイッチ」はどんなものかしら?
また、話しを聞くのが好きな私の元気が疼いてきました(^^)
周りの人達の様子を聞いてみよう!
そして一段と元気な私になろう!
posted by 黄色いタンポポ at 12:30| Comment(3) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

未完了を残すと

未完了とは、やりたい事をやり終わらなかった事だと私は思っています。
昨日は、仕事で「今日はここまでやる」と決めていた事が終わらず、仕事
を自宅に持ち帰りました。

しかし、結局出かける用事もありできませんでした。
こういう遣り残し感があると、その遣り残した事が気にかかり、次の用事
も、モチベーションがあがらなくなります。

実はこうした事は日々起こっていることで、この未完了感の源がどこにあ
るのか分からなくなってしまうのに、モチベーションだけがあがらないと
いう現象さえ起こる事があります。
コーチは、この未完了の事を明らかにし、モチベーションを上げる為にも
この未完了を完了させる事もお手伝いする事があります。

そうした意味で、「クライアントさんに体験を伝えられるぞ!」と思い、
今日は、この遣り残した仕事を早々に片付けました(^^)
とても爽快で、掃除をやり終えた時のような気分です。
それだけで、モチベーションが自然と上がるような気がします。
今日は、東京へ出かけますが、気分良くでかける事ができそうです。

全然関わりのない事にまで影響をしてしまう「未完了」を減らせた事で
すごい達成感。たぶん日々生まれてくるであろう未完了を「いつ終わらせ
るのか」を意識するだけで、日々のモチベーションも変わってくるような
気がしました。

毎朝、「今日は○○をする」と決め、それを完了させる事を意識してやっ
てきた1年。これからも続けていこうと改めて思いました。
posted by 黄色いタンポポ at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。