2009年08月09日

おこだでませんように

小学1年生2年生用の課題図書を娘に買ってみた。何も思いが
あるわけではなかったけれど、せっかく平仮名が読めるよう
になったのだからと思い、何気なく手に取った本。

娘に読ませる前にと思って、自分で読んでみた。

思わず涙が出てきた。

怒られてばかりの男の子。ちゃんと理由もある。でもいつも
自分ばかり怒られてしまう。
そんなある日、学校で七夕の願い事に一番の願い事を書いた。
「おこだでませんように(怒られませんように)」

その願い事を読んだ先生が褒めてくれた。
そして、先生がお母さんに電話で話し、お母さんも抱っこして
くれた。
男の子はすごく幸せを感じ、もっといい子でいようと誓うって
ストーリーだったのですが、ふと子供に感情移入をし、泣けて
しまいました。先生や親がその子の気持ちを理解し、変化した
事へも泣けてしまいました。
褒める事の大切さを感じさせてくれる本でした。

けれども、これは小学生への課題図書。
果たして子供が読むと、どんな事を感じるのだろう。
どんな事を学ぶのだろう。

すごく興味が湧きました。

娘は今日から祖父母と福岡に冒険(旅行)に行きました。
後から私も追いかけますが、帰ってくるのは当分先。けれど
娘に早く読んで、感想を聴いてみたい気持ちになります。

大人が読んでも素敵な本。


親の接し方をちょっと変えるだけで、子供の気持ちも行動も
大きく変わるきっかけになる。

子供なりの理由があるのに、それを聴かずにいるのは子供に
とっては辛い事。

愛しているよって伝えてあげる事の大切さ

多くのことを大人も感じられると思います。
宜しかったら、ちょっと本屋で立ち読みでもしてみて。
そして、子供と一緒に感じてみてください。


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年10月17日

怒りたくないのに怒っちゃう

怒りたくないのに怒っちゃう!
そんな経験ってありませんか。

題に魅せられて買った本ですが、内容はコーチング。

自分が思う事は、
「子供は変えるものではなく、変わるもの。
 変わるのは、親の関わり方を変えること」
です。
「なんでそうなのよ。こうしなさいよ」って思ったり
する事でイライラする。自分の思うようにして欲しい
という感情だったりする。

けれど、自分が変わると子どもも変わってくるんです。
それがコーチングを身につける事でもある。
一番早い効果はコーチをつける事なのかもしれませんが、
コーチングを身につけると自分が変われる気がしています。

とは言え、そうそう変わるものでもないのですけれどね。
ちょっとしたことから少しずつ変えて行けたらいいかな
と私は軽く考えながら、日々成長中です。

さて、題名に誘われた本ですが、コーチングがわかり
やすく書いてありました。
もしよければ読んでみてください。

「今日から怒らないママになれる本!」
学陽書房から出ている、川井道子さんの書かれた本でした。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年09月19日

たった一言なのに

今朝からブログ更新をしているのだけれど、上手くいかなくて
今になってしまいました。

さて、あなたは子供に対して、言っちゃったって後悔したことは
ないですか。
私は多々あります。

昨日も娘が自分の名前の一文字である「か」という字を初めて
書きました。すごい!と大喜びしながらも、字の一画である「点」
が見えなくて、「かという字には点があるのよ」って付け加えて
しまいました。
すると、鉛筆で本当に「・」と打っただけの点がそこにはあった
のでした。
ちゃんと書いた娘は大泣き。
娘の自信を奪ってしまったと後悔でした。

そんな一言の中で、何気なく言っている言葉が実はこどもの
自信を奪ったり、
他と比べていたり、
周りからの評価をきにしていたり、
親の感情や思いが子供にきつい一言として残ってしまう事もある。
そんな言葉を集めた本を以前に読みました。

今日はその本をご紹介します。



海原純子さんの講演を聞かれた方から紹介されて読んだ本でした
が、私にとって大切な一冊となっています。
昨日の娘の件があり、ふともう一度読み返した本です。
ご興味があれば、どうぞ。。。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年09月15日

今日は一休み

9月18日に、初めてインタビューを受けた記事が育児雑誌に
載ります。
どんな仕上がりになっているのか、今からドキドキです。
また、ただ話していただけの事を、ライターの方がどんな
風にまとめてくださっているのか、楽しみでもあります。

しかし、自分の体験も踏まえた話しである以上、そこに
書いたことが継続してモデルとしていなければならないと
いう責任も背負ったように感じました。

言葉にして発する事の責任を感じられました。
今は続けているはず。けれど、これから続ける責任も背負い
ながら、より良いモデルで居られるように、前向きにとり
くんでいきたいなと思っています。



小さな事から始まる大きな変化と責任。
これは雑誌だけだからではなく、講師としても同じだと私は
感じています。
失敗を糧に成長し、成長が成長を呼び・・・という事が理想で
はあるけれど、実際は失敗から学ぶ事の方が多いし、学びも
大きい。

失敗と言っては子供に失礼だけれど、やって子供の反応や、
自分に跳ね返ったものがあった時に初めて「もっと違うやり方
があったのかもしれない」と思えます。
そんな事の繰り返し。。。

もし、記事を読んでくださる方がいらっしゃれば、率直な感想
を聞かせていただけると、私もまた新たな学びや気づきを得る
事ができると思います。

このブログもあなたが読んでくれることで、私は力をもらって
いますし、コメントを下さる方の言葉から学びも得ています。
いつも本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2007年09月02日

初めての体験

『日経Kids+(キッズプラス)』という雑誌をご存知でしょ
うか。
概ね4歳〜9歳くらいまでのお子さんを持つ親向けの雑誌です。

ご縁をいただきまして、少しだけ「専業主婦向けのタイムマネジ
メント」についての取材を受けました。
これは以前にも少しお話ししたのですが、とうとう掲載される事
になりました。

自分の記事が掲載される事は、すごく小さな事ではあると思いま
すが、これを機会にこの雑誌を拝見しましたところ、本当に役に
立つ事が多く掲載されているんだなあという事に気付きました。

定期的に読みたい雑誌の仲間に入れることが出来ました。
取材をして下さり、1時間近い取材をすごくシンプルにまとめて
下さったライターさんの力にも感動しましたし、雑誌の内容が
こうして作られているんだあ、こんなに短期間でまとめられて
いるから新鮮な記事が読めるんだあと新たに知る事も出来ました。

雑誌を作成している人達との関わりを一部ではありますが、持てた
事によって、いろんな雑誌の見方も変わりそうです。

そして、ちょっとだけ載せていただく雑誌は
「日経Kids+ 11月号」(9月18日発売)
です。

写真はかなりおばちゃんぽく写ってしまいましたが、これも自分
磨きの第一歩となるかもしれません(汗)
先方からのご要望で「専業主婦向けの時間管理」について、少し
話させていただいたのですが、いろんな生活体系の方々に合わせた
タイムマネジメントの特集が一部組まれている号です。

専門家の意見も数多く載せられていると思いますので、宜しければ
ご覧くださいませ。

今日は少しご案内をさせていただきました。

今日も応援のワンクリックをいただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

2007年02月17日

仲間が本を出しました

私の大切なコーチ仲間が本を出しました。
ちょっと大きなお子様を持つ方にいいかなあって
私は感じました。

とっても読みやすく、正直な気持ちやスキルではない
ようにコーチングのエッセンスがちりばめられていて
素敵な本でした。

もしご興味あれば読んでみてね。


仲間が本を出すって嬉しいですね。
そして、子育てのコーチングの本だったりすると感動。
私もいつかはるんるん

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年11月30日

視点を変えてみる

こんな話しがありました。
「将棋指しは、師匠を超えられない
  なぜなら、その戦略の全ては師匠が教えたものだから」

この言葉は一方的に教えると自分以上にはなれないという
意味です。
そのために師匠を抜く力を発揮できるであろうコーチングが
今取り上げられているのではないでしょうか。
(今の将棋の師匠は、相手を引き出しているのかもしれない
 ので、1つの話しの例だと思って聞いてくださいね)

実は、これって固い話しをしたいのではなく、日常の親子の
会話がどうしても「将棋指しの師匠」風になっていないで
しょうか。

子供が自分の思う事と違う事をしようとしたら、これって
もしかしたら「自分以上の可能性を引き出すチャンス」な
のかも(^^)?

子供がいったい何をしようとしているのか?
何のために、その行動をとっているのか?
ちょっと子供の視点にも立ちながら、子供と付き合ってみる
のも素敵な事ではないでしょうか。

ちょっと「教える」視点から外れてみてはどうでしょうか。
子供の変化だけでなく、自分の心の変化もあるかもしれない
と私は思います。

皆さんがお子さんの時って、何に喜んだり、怒ったり、
親にどんな事を思ったりしてましたか?


今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年11月25日

シリーズ第3弾

昨日お約束しましたとおり、本の紹介です。
すごく読みやすくて、既にシリーズで二回出ていますが
勉強になりました。
ほっと子育てを楽にしてくれる本でもあり、気をつける
べきことが分かる本だなあと感じています。



今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年11月04日

力をいれなくてもいいのかなあ

コーチングの本ではありませんが、読んで、「ああ、もう少し
ゆっくりでもいいのかなあ」と肩の力を抜いてくれた本でした。

絵本って言った方がいいのかもしれません。
字がほとんどなく、サラッと読めてしまいます。
でも、「あるある〜」って思うと思わずほほえましくなって
しまった私でした。

たまにはこんな本で息抜きもるんるん



今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年11月03日

おかあさんのためのコーチング

ママ向けのコーチングセミナーをさせていただいた時に
どんな本がお薦めでしょうか?
と聞かれました。
読みやすく分かりやすい本がいいのかなあと思い、当日
も何冊か本を持っていったのですが、その中の数冊を
1冊づつ紹介していきます。

今日は、本の題目自体もそのままお母さんのための本!
コーチングって何?って部分も理解できて素敵な本です。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年10月28日

ずっと探してた本の復刻版が出たあ

ずっと探してて、中古の高い本しかなくなっていた本「箱」が
違うネーミングで復刻したと知った!
これは皆さんにもお伝えしなくては!!!!

内容は私もこれから。。。
けれど、中古が高〜く売られることからもその内容には期待
できる気がします。

大急ぎで今日2つ目の投稿です

posted by 黄色いタンポポ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

大人にも子供にも読める絵本

今日は昨日手話ニュースで取り上げた絵本をご紹介

山火事に一匹のハチドリが手で運べる水を山に運んではかける。
他の動物達がハチドリの行動を見て笑う中、そのハチドリが言う。
「今私にできる事をやるだけ」
ジ〜ンと心に残る絵本でした。


私は手話を少し習っていたので、忘れないように手話ニュースを
見るようにしている。
そして定期的にこども手話ニュースという子供にも分かるニュース
もやっています。
今回はそのこども手話ニュースで取り上げられた本でした。

私は、できる出来ないと判断するのも大切かもしれないけれど、
まずはやってみる。自分のやれる事を行動としてあらわすことが
大切なんだと感じた。

番組の中では、この絵本を読んだ子供達が「環境問題」のために
自分ができる事として、エコ袋を作ったり、待機電力の消費を
やめるよう自宅で取り組んだりしていた。
できる事ってあるんだなあ。

子供と一緒に読んでみたいなあって思います。

皆さんは、最初からあきらめてしまってることってある?
何かできる事って何だろう?

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年08月09日

来月セミナーをします

来月2日(土)にとうとう自主開催セミナーを開くことに
なりました。

とここで宣言すれば自分も更にやる気になるだろうと言う
安易な考えです。
内容はこれから。。。

場所は私の住む大田原市ふれあいの丘エスポワールの
研修室をお借りします。

もし来られそうな方は9月2日午前ですが、予定を空けて
おいてくださると嬉しいです。
また詳細はご連絡させていただきます。

メールでのお問い合わせ、人数枠の確保などはこちらから
お願いします。
 PCからはこちら
 携帯からはこちら
 
また、お会いしたことのある方はコメント欄にも何か書き
込みお願いしまあす。

また家族の協力、私の大切なクライアントさんのご協力の
もと実現できる事をなりましたので、応援宜しくお願い
いたします。

今日も頑張るぞ!
人気blogランキングへ

2006年07月20日

話せば稼ぐ

いつもお世話になっているアンドキッズセミナーの安堂さんが
本を出版されました。


実体験に基づいたお話なので、参考になるかと思います。
よろしければどうぞ。。。
posted by 黄色いタンポポ at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

公開講座を行います

幼稚園向けではありますが、私が専任講師を務めさせて頂いて
おりますアンドキッズセミナーが、夏休み期間の土曜日を
利用して公開講座を行う事になりました。

日にちは7月25日「新人職員レベルアップ研修会」
    8月 5日「主任レベルアップ研修会」
ともに時間は終日(9時半〜17時半)で、東京での開催とな
ります。
私はマナーと傾聴の部分を担当して、あとは安堂先生が講義を
されます。
自分の学んだ知識を惜しげもなく、熱く語りながら、気付きを
与えてくれるセミナーです。
もしご興味のある方が見えましたら、お申込下さい。

幼稚園だけでなく、私立の学校の方でも参加されて得るものが
あるのではないかと私は思っております。

ご興味があればこちらから申込をどうぞ。

皆様にお会いできます事も楽しみにしております。

私自身が絡む研修のご案内は、どうも恥ずかしいものですね。。
ご興味ない方には失礼を致しました。。。

もし、ここでも開催してくださいっていう要望があれば、
合わせてお待ちしております。
連絡はこちらのページの左端のお問合せよりどうぞ。。

恥ずかしいので次回からのご紹介は私のHPにてさせていただき
ます。
たまに遊びにいらして下さいね。

posted by 黄色いタンポポ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

新刊のご案内

コーチングブログといえばこの方、野口コーチ
http://coaching.livedoor.biz/

前作の本も人気ランキングで一位を獲得したほどの読みやすく
ためになる本を提供してくださっている方です。



その野口コーチが第2弾、「鏡の法則」を出版されます。


この本の題名にもなっているお話は、既に無料にて多くの方々が
目にされ、涙された作品ですが、それに心理学等の解説をつけた
ものが今回の本となっているそうです。

この涙したお話しは子育てにも役立つものだと私は感じています。

以下にて新刊購入キャンペーンもされていますので、宜しかったら
いかがでしょうか。

ちなみに私は既に予約してありまあす^^


では、今日は本の紹介でした。
懲りずに宜しければワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ

2006年05月07日

こどもが赤ちゃん返り

大きな子の中に居て、すっかり甘え癖をつけた娘は、言葉も
幼稚語。ご飯も口に運んでもらわないと食べなくなってしま
いました。

でも、ずっと続くわけではないもの、ゆったりゆっくりしよ
う。そう思ったら楽になれた。

二つの本のご紹介。




今日も温かいワンクリックをお願いします。
人気blogランキングへ

2006年04月03日

子も大切、母も大切

昔から子育ては母親が主役のように言われてきた。
近頃やっと父親も子育てをするものだと言う考えが入り込み、
子育てに参加する父親も増えてきた。

しかしまだまだ母親の仕事と思われている。
これは母親にとって重い責任でもある。また仕事との両立を
している母親にとっては葛藤の日々であると私は感じています。

そんな時、ふと出会った子育ての本。
そこには子育てでの子供との触れ合い方が書かれていた。
漫画を交えながら一日でも読めるものでした。
しかし、ふと涙が流れた。

なぜだと思いますか?
「頑張っているお母さんも周りは認めてあげてね」という
メッセージが書かれていたのです。
とても嬉しかったし、力を抜く事ができた。

また子育ては子供との触れ合いの時間が大切なのではない。
「3歳までは親が近くで育てるべき」という言われが、実は根拠
がなかったという厚生省の発表も一緒に記載されていた。

では何が大切なのか。それは触れ合いの質であるということ。
この詳細は本を手にしてみてください。

母親の心がふと軽くなる本だと私は感じました。

今日も温かいワンクリックをお願いします。
人気blogランキングへ

今日の紹介したい本

2006年03月31日

子育てを軽くしてくれた本

皆さんに「そんなに仕事やコーチ業、そして家事に育児、
子供の接し方ってそれでいいわけ?子供が可哀想じゃない?」
って事を良く言われます。
ごめんねって思う時もあれば、子供の事は子供にしか分から
ないから子供に聞いてみようと思う時もある。
私の場合は、後者が圧倒的に多い。

「強いね〜」と言われもします。確かに強いかも^^;
でも、それ以上に強い味方がいるからです。

育児書って数多く出版されていて、全部を信じたら何も出来ない。
自分に都合の良いものを信じたらそれでいいかなあと思います。

私は「赤ちゃんの言葉が分かるベビーシッター」としてマスコミ
でも有名なトレイシーホッグさんの本を出産当時に読みました。
今でもその本が一番子育てを軽くしてくれました。

私の勝手な解釈も含んでいますが、
・子供とのふれあいは時間ではなく、質である。
 子供と向き合う時間が一日に1時間でもあれば、子供は満足
 できるのよ。
・子供だって意志はあるのよ。親のおもちゃじゃないんだから。
そんな内容が心に響いた。

もっと小さい時の接し方も書いてある。
「どうしたらいいの〜」とオドオドを通り越して怒りに変わり
そうな時に、幾度となく具体的なベビーシッターさんの言葉に
目をやった。

もし子育てが辛くなってきている方、泣き叫ぶ赤ちゃんにあた
ってしまいそうな方は一度目を通してみてはいかがでしょうか。
私見なので、お役にたつかどうかは分かりませんが、よろしけ
れば、どうぞ!

今日も温かいワンクリックをお願いします
人気blogランキングへ


生まれてそんなにたってない言葉を発しない赤ちゃん
を抱えている方へ





2006年03月04日

心が癒された本のご紹介です

今日は、最近読んで心が癒され、でもしっかり深い気付きを私に
もたらしてくれた本をご紹介したいと思います。

コーチングの「答えは心の中にある」とよく言われる言葉に似ていた
ので、読んでみたら漫画なのでスラスラと読めて、しかも奥が深かった。
そんな本

ブッタとシッタカブタ@ こたえはぼくにある
   メディアファクトリー発行 小泉吉宏著

@とあるとおりABもある。
思わず追加購入して読んでみたが、これもまた奥が深い感じがしました。

心理学やよくある心の出来事を4コマ漫画で紹介をしていて、それが
つながり、最後には色んな思いをできるような気がします。

人によっては癒され、
違う人は、心を軽くされ、
違う人は、自分を知る。

いろんな捉え方ができる本だと思います。
本が苦手な人も読めると思いますので、気が向いたら読んでみてね。

今日もワンクリックお願いします。
人気blogランキングへ
黄色いタンポポへのメールは PCの方はこちらへ 携帯の方はこちらへ コーチングセッションや研修講師の申込みも上記から可能ですので、気軽にお問い合わせください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。